プロフィール

Author:kaze
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
先日、久々に実家に帰りまして、お墓参りにいって来ました。

連日、午後はスコールのような雨が降っておりました。

で、その日もそのような雲行きではあったのですが、傘は持たずお線香と水をもってご先祖様に

挨拶に向かいました。

お墓に着いたころぽつぽつ来だしまして、やがて大粒の雨になりました。

僕らはお参りを済ませ木陰に非難して小雨になるのを待ちました。

やがて雷が鳴り出し雨は激しくなるばかり・・・・・

意を決して、濡れて帰ることに・・・・・・

天からのシャワーはとても気持ちよく、心は財津和夫の「虹とスニーカーの頃」の

主役になったつもりで、30年くらい前の少年に帰っていました。

当然、帰り着いたときは頭から足までずぶ濡れでしたが、30年前の少年はニコニコして

いました。ぴったりと張り付いたシャツが、メタボもあいまって、なかなか脱げませんでした。

それだけは、ちと大変でした。

もし、傘を持っていたらこんなに楽しめなかったことでしょう。

人生何が幸いするかわかりません。
スポンサーサイト
コメント

ステキですね~

今、「雨に唄えば」が頭に流れてきました♪

子どものころは雨が楽しくて
わざと雨に濡れるのが面白くて
無邪気に遊んでいたのに・・

大人になるといつのまに
雨に濡れることを避けるようになりましたが

たまには雨粒を全身で感じる散歩もGodですネ♪





コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 風の旅 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。